気功教室と気功治療の気功メディカルセンター/気功療法を、痩身(ダイエット)、癒し、健康増進、難病に/東中野駅前

ご案内 気功と身体 自宅でできる気功法 気功の基礎知識
→サイトマップ
ご案内
→センター紹介
→気功師プロフィール
→当センターの特長
→スクール案内
→気功愛好会 会員募集
→時間割表と料金システム
→マスコミの紹介
→アクセスマップ
→お問い合わせ
気功とは
→気について
→気功の五臓六腑
気功と身体
→気功の適応症
→気功と痩身
→ダイエット成功例
→気功と癌
→気功で難病を治す
自宅でできる気功
→自宅でできる気功法
気功の基礎知識
→東洋医学の基礎と観点
→東洋医学と西洋医学
→気功の基礎練習法
→禅と気功
→採気法
→チベット密教と気功
→経路
→小周天
その他の情報
→よくあるご質問
→リンク
→個人情報保護方針について

東中野の気功メディカルセンターは気功で健康増進、痩身(ダイエット)、癒し、難病に取り組んでいます

気功の基礎知識

→禅と気功 →禅とは →禅を体験する *クリックで
各ページへ
→禅を体験する-2 →禅を体験する-3  

禅と気功 気功に禅を取り入れる

1.禅と気功は異なるが、密接な関係にある

禅と気功

 

2.禅の第二段階
  自分の知恵を働かせ優越感を得る

小さな我から大きな我になって、自分が宇宙であるという意識になったときに優越感を得ることができる。
優越感をもった脳が、深い意識の中で刺激を与え合うことで、脳に潜んだ力を発揮する可能性が出てくる。

 

3.禅の第三段階
  大きな我から無になっていくとき、気功の最高の境界に近い状態になる

その時に禅を体験(理解し体験することは難しい)できなければ、その過程で高めた意識力、集中力を使って、もう一度気功の基本を練習してみると、今までと違った体の変化を感じることができる。

 

4.気功瞑想を行い、気の力の変化を確認する

気功瞑想の姿勢(椅子に浅く座り、目をつぶり、胸の前で合掌)

気功瞑想は丹田を意識するが、気功の調身(姿勢)、調息(呼吸)を使って、意識を丹田から宇宙にかえて持っていく。

(1)心を静めてから、気を集め、しばらく丹田に意識を集中する。

(2)丹田は意識の表しであり、丹田が拡大し地球になり、更に太陽になり、宇宙になり、
   どんどん遠く広がるようにイメージし瞑想を続ける。

 

5.馬歩站柱功を、目をつぶって気功瞑想と同様の意識で行う。

気の密度を高めることができる。

Topに戻る

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (C)  2009 気功メディカルセンター All rights reserved 気功