気功教室と気功治療の気功メディカルセンター/気功療法を、痩身(ダイエット)、癒し、健康増進、難病に/東中野駅前

ご案内 気功と身体 自宅でできる気功法 気功の基礎知識
→サイトマップ
ご案内
→センター紹介
→気功師プロフィール
→当センターの特長
→スクール案内
→気功愛好会 会員募集
→時間割表と料金システム
→マスコミの紹介
→アクセスマップ
→お問い合わせ
気功とは
→気について
→気功の五臓六腑
気功と身体
→気功の適応症
→気功と痩身
→ダイエット成功例
→気功と癌
→気功で難病を治す
自宅でできる気功
→自宅でできる気功法
気功の基礎知識
→東洋医学の基礎と観点
→東洋医学と西洋医学
→気功の基礎練習法
→禅と気功
→採気法
→チベット密教と気功
→経路
→小周天
その他の情報
→よくあるご質問
→リンク
→個人情報保護方針について

東中野の気功メディカルセンターは気功で健康増進、痩身(ダイエット)、癒し、難病に取り組んでいます

気功の基礎知識

東洋医学と西洋医学

1.西洋医学の考え方

西洋医学の考え方

 

2.東洋医学の考え方

東洋医学の考え方 東洋医学の考え方-2

人間は天と地の縮図(結晶)である。

人間は天から伝わるもの(陽の部分)と地から伝わるもの(陰の部分)から構成する。
天と地をつなげる川(経絡)は12本あり、天(手)から地(足)に流れる6本の川(陽脈)、地(足)から天(手)へ流れる6本の川(陰脈)がある。それぞれ体の機関である五臓(陰)・六腑(陽)をとおり、バランスを保ちながら流れている。五臓と六腑は五行の関係によりバランスを保ち、陰の部分(五臓)は任脈が、陽の部分(六腑)は督脈が気の指令のものに管理する。任脈と督脈は小周天(気功鍛錬)でコントロールする。

経絡

ここでいう経絡は天と地を結ぶ太い幹線であり、
経脈という。(陰脈6本、陽脈6本)

他に五臓と六腑を結ぶ細い支線である絡脈がある。

大小の脈を総称して経絡という。

気・血・水の働き

気→血→水の順番で働く
1.気が働いて、経絡を通して各機関(五臓・六腑)に指令を与える。(指令・戦闘部隊)
2.血が栄養を与えて、各機関をささえる。(輸送部隊)
3.水が全体の陰陽バランスを整える。(清掃部隊)

経絡と気の流れ

病気の予防
経絡に気を流して栄養を与える。(1.気を流す)

病気の治療
気を流しても病気が回復しなければ、漢方を使って五臓・六腑を治療する (2.漢方を使う)
経絡が詰まって気が流れない場合は、ハリを使って穴を刺激し経絡を修復する(3.ハリを使う)

 

ページの先頭に戻る

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (C)  2009 気功メディカルセンター All rights reserved 気功