気功教室と気功治療の気功メディカルセンター/気功療法を、痩身(ダイエット)、癒し、健康増進、難病に/東中野駅前

ご案内 気功と身体 自宅でできる気功法 気功の基礎知識
→サイトマップ
ご案内
→センター紹介
→気功師プロフィール
→当センターの特長
→スクール案内
→気功愛好会 会員募集
→時間割表と料金システム
→マスコミの紹介
→アクセスマップ
→お問い合わせ
気功とは
→気について
→気功の五臓六腑
気功と身体
→気功の適応症
→気功と痩身
→ダイエット成功例
→気功と癌
→気功で難病を治す
自宅でできる気功
→自宅でできる気功法
気功の基礎知識
→東洋医学の基礎と観点
→東洋医学と西洋医学
→気功の基礎練習法
→禅と気功
→採気法
→チベット密教と気功
→経路
→小周天
その他の情報
→よくあるご質問
→リンク
→個人情報保護方針について

東中野の気功メディカルセンターは気功で健康増進、痩身(ダイエット)、癒し、難病に取り組んでいます

気功の基礎知識

気功の基礎練習法

医療を目的とした気功は内気功と外気功に分けられます。

内気功とは自分で自分の気をコントロールする術で、太極拳や形意拳、馬歩たんとう功など
(以上 動功)、また各瞑想法(静功)などがあります。

外気功とは、気功師が自らの気を発し、相手の身体にめぐらせることで、身体のエネルギーの流れを改善します。

外気功は中国においては医療として認められ、気功師は国家資格が必要となっています。

当センターは外気功専門の療術院です。



気功の呼吸法

基礎呼吸法 強化呼吸法 部分呼吸法

基礎呼吸法

鼻で息を吸いながら両手でおなかを強く押し、押し切ったら息を止める。その後鼻で息を吐きながら抑えている両手の力を抜いていく。

強化呼吸法

左手を胸に当て、右手はおなかを押し込みながら鼻で息を2回吸う。次に鼻で息を吐きながら右手の力を抜いていく。

部分呼吸法

鼻で息を吸いながら、親指を骨盤に押し込む。その後鼻で息を吐きながら親指の力を抜いていく。



リフレッシュ内気功

自然の気を取り入れ気分を一新しましょう。

リフレッシュ内気功-1 リフレッシュ内気功-2 リフレッシュ内気功-3

肩幅に足を広げ、両手のひらを正面に向け、鼻で息を吸いながら、横にゆっくりと両手を上げていく。

鼻で息を吸いながら、両手を伸ばした状態でゆっくりと頭上まで持ち上げ、頭上で手を伸ばしたまま、息を止める。

鼻から息を吐きながら、手のひらを下に向けるように両腕を曲げ、ゆっくり下ろしていく。そして再び1から始める。



リラックス内気功

自分自身の気を調整して安らぎが得られます。

リラックス内気功

あぐらをかき、両手の親指と人差し指で輪をつくり、まずは左手を胸もとに、右手をおへそのあたりに置く 。そして鼻で呼吸をしながら両手の位置をゆっくり上下を逆にする。この動きを何回か繰り返す。

簡単な動功のやり方 簡単な静功のやり方
脳を刺激し、意識を鍛えます。

足を肩幅の広さに広げて立ちます。指先は床をつかむようなつもりで軽く内側に曲げ、ひざは軽く曲げて楽 な姿勢で立つこと。

椅子の1/4のところに浅く座り、胸をはらずにいくらか背をまるめ楽な姿勢をとる。腹を少しへこませ、あごをひいて舌の先を上の歯茎の裏に軽くつけ、目を軽く閉じて楽な姿勢をとる。

お腹を少しへこまします。そして百絵、会陰両足のかかととかかとを結ぶ線の真ん中の点が一直線になるよ うに姿勢を整えます。

深呼吸をしながら体中の筋肉をゆるめ、心身の緊張を解いてゆったりとくつろいだ状態にもっていく。次 第に呼吸は深く長くなり、脈拍はゆっくりとなり、血圧は下がり体温は下がる。

両手はバスケットボールを持って、中丹田の高さにささげているようなつもりで、胸の前にあげます。

雑念を払い瞑想します。丹田に火のボールを入れ、回りながら次第に熱くなり大きく膨らむのを感じる。大きく膨らんだら小さく圧縮してから繰り返す。丹田に両手を重ねて深呼吸する。

意識を下丹田に集中し2〜5分間瞑想します。途中で両手の指先がびりびりすることがあります。それが「気 」です。

 

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (C)  2009 気功メディカルセンター All rights reserved 気功